ローターハウジングの仕組み

自動車に使用されるエンジンは、4サイクルエンジンに代表されるレシプロエンジンが多く採用されています。これは、シリンダー内でピストンが上下に往復運動を行うことで動力を得る構造となっています。
これに対し、全く違う構造のエンジンがロータリーエンジンです。ロータリーエンジンでは、レシプロエンジンにおけるシリンダーとして、ローターハウジングという機関があり、その中をローターが回転することで動力を得ています。
ローターは、曲線を持った三角形の形をしており、その軸は偏心に配置されています。この状態で回転を行うことでローターハウジング内で容積変化を起こしています。}PgžxQ
燃料となるガソリンや軽油は、空気と混合され、混合気としてローターハウジング内に取り込まれます。ローターが起こす容積変化により、混合気は吸入され、連続的に圧縮が行われます。圧縮が十分に行われた時点で着火し、燃焼させることでローターを回転させる動力となります。燃焼によって発生したガスも、容積変化によりローターハウジングから排出されます。
レシプロエンジンとの違いは、こういった燃焼のプロセスだけでなく、回転によって動力を発生させるため、動力の伝達にクランクシャフトが必要ないという部分にもあります。

コメントは受け付けていません。