ロータリーエンジンの構造

}PgžxQ自動車のエンジンは内燃機関とも呼ばれ、霧状もしくは気化させたガソリンと空気を混合し、圧縮した後スパークプラグで点火・燃焼させてピストンやタービンを動かし、動力を得る機関の事を指します。
現在、主流で作られてる自動車のエンジンはレシプロエンジン。これはピストンエンジンとも言われ、ピストンの上下運動からクランクで円運動に変換し、それを動力とするエンジンです。
これを発展させたエンジンにロータリーエンジンというものがあり、これはピストンの上下運動の代わりにローターの回転によって直接回転運動を起こし、そのまま出力する構造のエンジンです。こちらも別名がありオットーサイクルエンジンとも言います。このエンジンは現在、日本のマツダでしか作られていません。
何故発展型であるロータリーではなく、レシプロエンジンが主流なのでしょうか。これには様々な理由があります。
元々このエンジンはドイツのNSUという会社が開発したもので、日本のマツダはここと契約し開発に関する権利を得て、お互いに特許を共有する形で開発を進めました。他社も追随するような形でこのエンジンの開発をすすめ、日本でも日産のシルビアに搭載する計画があったのですが、オイルショックにより物価高騰で開発を断念。他社もレシプロエンジンとはまったく違う構造に四苦八苦し、中止を余儀なくされます。その後NSUもロータリー開発から撤退したため、結果としてマツダだけが残ったというわけなのです。

コメントは受け付けていません。