吸排気バルブ、クランクシャフトは無い

現在自動車に採用されているエンジンは、その多くが、4サイクルエンジンなどのレシプロエンジンです。
こういった構造のエンジンの他、ロータリーエンジンといったものも一部で使用されています。
レシプロエンジンは、ガソリンや軽油といった燃料を、空気と混ぜ、混合気とし、それをシリンダー内に吸入することで燃焼させています。
シリンダー内に吸入された混合気は、上下運動するピストンによって圧縮され、燃焼することでさらにピストンを稼働させ、その動作に伴いシリンダー外に排出されます。
こういった混合気の吸入や、燃焼ガスの排出の際、ピストンの動きと連動して、それぞれのバルブが開閉することで、これら気体を吸入、排出しています。
ロータリーエンジンの場合は、ピストンのように上下運動をしておらず、ローター部がシリンダー内で回転運動をすることによって吸気、圧縮、排気を行なっているため、レシプロエンジンのように吸排気バルブを必要としません。
また、レシプロエンジンでは、ピストンが上下運動をしていることから、その運動を回転運動へと変換するために、クランクシャフトに動力を伝える必要がありますが、ロータリーエンジンの場合、ローターが回転運動をしていることから、クランクシャフトによる動力の変換を行う必要がないのも大きな特徴です。
観葉植物03

コメントは受け付けていません。